English | 日本語

東京大学大学院理学系研究科附属
天文学教育研究センター

ニュース

2022年11月28日 プレスリリース
分子ガス観測で明らかになった高速電波バースト出現環境
東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センターの廿日出文洋助教、新納悠特任助教らの研究チームは、未だ謎の多い天体現象である「高速電波バースト」の起源に迫るため、出現した銀河(母銀河)における分子ガスの観測を行いました。その結果、高速電波バーストは、一般的な星形成銀河やガンマ線バーストの母銀河、重力崩壊型超新星の母銀河とは異なる銀河環境で出現することを明らかにしました。
2022年10月29日 イベント
三鷹・星と宇宙の日 2022
2021年10月29日(土)、東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センターは国立天文台、アストロバイオロジーセンター、総研大天文科学専攻と共催で 「三鷹・星と宇宙の日2022」を開催しました。今年は現地開催(事前申込・定員制)とオンラインイベントの両方を実施するハイブリッドの形態で開催しました。当センターの現地開催では、ポスター・動画・インタラクティブツール・ジオラマによる研究成果・施設の紹介や観測装置の実物展示(実験状況により中止の可能性あり)・大学院生によるミニ講演会(※整理券による抽選)を実施しました。東京大学理学系研究科・理学部 YouTube チャンネル では、酒向重行 准教授によるメイン講演と大学院生によるミニ講演のライブ配信も行いました。一部のコンテンツは引き続き視聴できますので是非ご覧ください。詳しくは以下の特設サイトをご覧ください。
「三鷹・星と宇宙の日2022」天文学教育研究センター特設サイト
2022年9月16日 プレスリリース
赤外線放射の「鼓動」で探る銀河中心ブラックホールを隠すダストの分布
東京大学大学院理学系研究科の水越翔一郎大学院生らの研究グループは、活動銀河核の赤外線放射強度の時間変動現象の解析から、銀河中心ブラックホールを取り巻くダスト層による活動銀河核中心部からの光の減衰量(ダスト減光量)を測定する新しい手法を開発しました。463個の活動銀河核に本手法を適用した結果、可視光では中心放射が約1杼分の1に暗くなるほどダストトーラスに深く隠された活動銀河核の存在を明らかにしました。また、先行研究で示唆された、ダスト減光量とブラックホールから我々までの間にあるガス量との関係を、より多くの天体を用いて示しました。
2022年8月9日 プレスリリース
広視野動画撮影でとらえた赤色矮星たちの短時間閃光現象
上海交通大学李政道研究所逢澤正嵩博士研究員を中心とする研究グループは、東京大学木曽シュミット望遠鏡に搭載された広視野動画カメラトモエゴゼンを用いて、約5700個の赤色矮星に対し秒刻みの高速観測を実施し、数10秒の短時間に増光するフレアを22件検出しました。また、短時間に増光する強力なフレアが活動的な赤色矮星において平均で1日に1回程度発生することを示しました。
2022年7月13日 プレスリリース
即時動画観測がとらえた地球接近小惑星の高速自転
東京大学大学院理学系研究科博士課程学生の紅山仁(天文学専攻)を中心とする研究グループは、東京大学木曽シュミット望遠鏡に搭載された広視野動画カメラトモエゴゼンを用いて、直径100 m以下の微小小惑星60天体に対して動画観測を行い、そのうち32天体の自転周期の推定に成功しました。 この観測により微小小惑星の自転周期に上限(約10秒)が存在することを発見するとともに、その上限の存在を説明する力学モデルを提唱しました。
2022年5月31日 ニュース
気象衛星ひまわり8号が捉えたベテルギウスの大減光
東京大学大学院理学系研究科博士課程学生の谷口大輔、宇野慎介(天文学専攻)らの研究チームは、気象衛星ひまわり8号による地球観測画像の周囲に写り込んだ宇宙空間画像を用いて、オリオン座の一等星であるベテルギウスの4.5年間に渡る可視光から中間赤外線の光度曲線を得ることに成功しました。この光度曲線を解析した結果、2020年初頭に発生したベテルギウスの大減光の原因が、表面温度の低下と、星の側で発生した塵の雲による掩蔽の両者であった可能性が高いことが明らかになりました。
この研究成果は、Daisuke Taniguchi et al. “The Great Dimming of Betelgeuse seen by the Himawari-8 meteorological satellite”として、英国の天文学専門誌『ネイチャー・アストロノミー』に2022年5月30日付で掲載されました。
2022年5月18日 プレスリリース
矮新星 SS Cygの可視光とX線の明るさの時間変動に高い相関を検出
東京大学大学院理学系研究科修士課程学生の西野耀平(天文学専攻)、東京大学、理化学研究所などの研究者からなる研究チームは、東京大学木曽観測所 105cmシュミット望遠鏡に搭載されたトモエゴゼンと国際宇宙ステーションに搭載されたX線望遠鏡 NICER を用いて矮新星 SS Cyg に対し同時高速観測を実施し、 可視光とX線の明るさの時間変動に高い相関を検出することに成功しました。また、可視光の変動に0.3秒から3.1秒の遅れが存在することも明らかにしました。
2022年4月7日 ニュース
理学部ウェブマガジン「リガクル」に宮田 隆志教授の記事が掲載されました
東京大学大学院理学系研究科・理学部の魅力を伝えるウェブマガジン「リガクル」に、東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター宮田 隆志教授の記事「宇宙からやって来た光は一粒たりとも逃したくないから」が掲載されました。ぜひご覧ください。
2022年3月1日 ニュース
令和3年度コニカミノルタ画像科学奨励賞の連携賞を受賞
東京大学大学院理学系研究科博士課程学生の谷口大輔、宇野慎介(天文学専攻)、山崎一哉(地球惑星科学専攻)らの研究グループは、公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団が公募した令和3年度コニカミノルタ画像科学奨励賞の連携賞(受賞テーマ「「気象衛星を活用した時間領域恒星天文学」の創出」)に選ばれました。
2021年12月9日 プレスリリース
Ia型超新星の爆発直後の閃光を捉えることに成功!
東京大学、京都大学、広島大学、国立天文台などの研究者からなる研究チームは、東京大学木曽観測所の105cmシュミット望遠鏡に搭載されたトモエゴゼンを用いた観測により、Ia 型超新星の爆発から5時間以内にパルス状の閃光が現れる様子を捉えることに初めて成功しました。
2021年11月18日 ニュース
日本惑星科学会秋季講演会にて2021年度最優秀発表賞を受賞
2021年9月16日-18日に実施された日本惑星科学会秋季講演会にて、東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター博士1年の紅山仁さんによる講演「木曽105cmシュミット望遠鏡 Tomo-e Gozen を用いた微小地球接近小惑星の高時間分解能撮像観測」が2021年度最優秀発表賞に選ばれました。
2021年10月23日 イベント
三鷹・星と宇宙の日 2021 オンライン
※三鷹・星と宇宙の日 2021 オンラインは終了しました。多くの皆様のご視聴ありがとうございました。
2021年10月23日(土)、東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センターは国立天文台、アストロバイオロジーセンター、総研大天文科学専攻と共催で「三鷹・星と宇宙の日2021」をオンラインで開催しました。当センターでは、研究紹介・施設紹介ポスターや動画を公開しました。また、東京大学理学系研究科・理学部 YouTube チャンネル ではライブ講演を配信しました。一部のコンテンツは引き続き視聴できますので是非ご覧ください。詳しくは以下の特設サイトをご覧ください。
「三鷹・星と宇宙の日2021オンライン」天文学教育研究センター特設サイト
2021年7月29日 ニュース
日本天文学会欧文研究報告(PASJ)のアクセス数が最も多い論文に選定
山口裕貴大学院生(研究当時)、河野孝太郎教授、廿日出文洋助教らによる研究論文が、2019-2020年にPASJに掲載された論文の中で、アクセス数が最も多い論文(Most Read)の一つとして選ばれました。
2021年6月11日 プレスリリース
観測史上最古、131億年前の銀河に吹き荒れる超巨大ブラックホールの嵐
泉拓磨 国立天文台フェローらの国際研究チームが、131億年前の宇宙に存在した銀河をアルマ望遠鏡で観測した結果、その銀河のなかで強烈な「銀河風」が吹き荒れていることを発見しました。同様の銀河風が発見された銀河としては、観測史上最も古い銀河です。今回発見された銀河風を駆動しているのは、銀河の中心にある超巨大ブラックホールだと考えられています。銀河風が吹き荒れると、星の材料である星間物質が銀河外に流失し、銀河の中で星が生まれにくくなります。今回の成果は、ブラックホールが銀河の成長に及ぼす負の効果を検出した観測史上最古の例であると言い換えることもできます。今回の成果は、銀河とブラックホールが相互に影響を及ぼしながら成長してきた歴史の端緒を紐解く重要な発見です。
2021年5月18日 ニュース
FPGAだけを用いた完全デジタル電波分光計の天文観測実証に成功!
東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センターの西村淳特任助教を中心とした研究グループは、完全デジタル電波分光計を新たに開発しました。本方式ではFPGAと呼ばれるデジタル処理チップの中に、アナログ電圧検出とデジタル信号演算の2つの機能を実装する事で、従来に比べてはるかに安価に電波分光計が実現できることが分かりました。開発が進められている次世代の超広帯域電波受信機のバックエンドなどへの応用が期待されます。
2021年4月22日 プレスリリース
129億年前から銀河は回転していた―アルマ望遠鏡と天然のレンズが捉えた宇宙初期の小さな銀河とその内側
アルマ望遠鏡を使った観測で、ビッグバン後9億年の宇宙に、天の川銀河の1/100の質量しかない小さな銀河が発見され、さらにこの銀河が回転によって支えられていることが分かりました。これほど若い時代の宇宙で、これほど小さな銀河が回転に支えられていることが分かったのは、今回が初めてです。これは、この小さな銀河より手前にある銀河の大集団(銀河団)の重力によって光が増幅される「重力レンズ効果」のおかげです。宇宙初期にはこれまでの観測ではとらえられないような暗くて小さな銀河が多かったと考えられますが、今回の研究はそうした「普遍的な銀河」の姿に初めて切り込み、これまでにない解像度で描き出しています。
2020年12月7日 ニュース
木曽観測所トモエゴゼンで「はやぶさ2」探査機の観測に成功
2020年12月4日と5日(日本時間)の夜に、木曽観測所トモエゴゼンを用いて地球に帰還する「はやぶさ2」探査機の撮影に成功しました。トモエゴゼンは動画観測を行えることが特長で「はやぶさ2」探査機が空を移動していく様子を動画で捉えています。カプセル分離後の12月5日夜には「はやぶさ2」探査機とカプセルのランデブーの動画の撮影にも成功しました。
2020年12月2日 プレスリリース
天文学で探る鉄の起源―100億年前の宇宙における鉄の存在量の推定に成功
東京大学の鮫島寛明特任助教を中心とした研究グループは、東京大学と京都産業大学が共同開発した観測装置を南米チリ共和国の望遠鏡に搭載してクエーサーの観測を行い、約100億年前の宇宙にどれだけ鉄とマグネシウムが存在していたかを定量的に推定することに成功しました。
2020年11月11日 プレスリリース
東京大学木曽観測所トモエゴゼンと京都大学生存圏研究所MUレーダーによって微光流星の同時観測に成功
東京大学大学院理学系研究科 大澤亮 特任助教を中心とした研究グループは、東京大学木曽観測所の「トモエゴゼン」と京都大学生存圏研究所 MU レーダを用いて、合計で 228 件の流星をレーダと可視光で同時に観測することに成功しました。レーダーによる観測から流星の明るさやダスト粒子の質量を求める手法を定式化し、1 日におよそ 1 トン程度の質量が微光流星として地球に流入していることを示しました。
2020年10月24日 イベント
三鷹・星と宇宙の日 2020 オンライン
※三鷹・星と宇宙の日 2020 オンラインは終了しました。多くの皆様のご視聴ありがとうございました。
2020年10月24日(土)、東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センターは国立天文台、アストロバイオロジーセンター、総研大天文科学専攻と共催で「三鷹・星と宇宙の日2020」をオンラインで開催します。当センターでも、ライブ配信(大学院生ミニ講演、博士の部屋)、研究紹介・施設紹介ポスターや動画を公開しますので是非ご覧ください。詳しくは以下の特設サイトをご覧ください。
「三鷹・星と宇宙の日2020オンライン」天文学教育研究センター特設サイト
2020年3月27日 プレスリリース
アルマ望遠鏡でブラックホールジェットと星間ガスの衝突を観測
銀河の巨大ガス流出のメカニズム解明へ新たな一歩
近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)教授の井上開輝、東京大学大学院理学系研究科(東京都文京区)准教授の峰崎岳夫らの研究チームは、チリ共和国に設置された世界最高の性能を誇る巨大電波干渉計「アルマ望遠鏡」による観測で、地球から110億光年離れた銀河の中心にある超巨大ブラックホールから噴き出す超高速のガス流(ジェット)によって銀河中の星間ガス雲が激しく揺さぶられる様子を、これまでにない高解像度で撮影することに成功しました。