IoA Seminar 2022 / 令和4年度/2022年度 東京大学天文学教育研究センター・天文学教室合同談話会

本談話会について

趣旨

東京大学・天文学教育研究センターでは2003年4月から談話会を開いています。 2021年度より当面のあいだ, 天文学教室と天文学教育研究センター合同での開催となっております。
第一線で活躍されている研究者の方々を講師にお招きし、最先端の研究成果をお話しいただきます。 講師の方には、大学院生の参加者のことも考慮し、レビュー的な側面も含めた上で、ご自身の研究紹介をお願いしています。
なお、当談話会は天文学研究者・学生を対象に大学・大学院での 専門的な研究と教育を目的として開催されています。 一般の方は公開講座・講演会などにご参加いただければ幸いです。

定例日時

  • 天文センター担当回
    • 木曜日 15:30-16:30
  • 天文教室担当回
    • 火曜日 16:15-17:15

場所

  • zoom によるオンライン開催(2022.04〜当面)

世話人(天文センター)

ML: semiadm _at_ ioa.s.u-tokyo.ac.jp

please replace _at_ with @

  • MINEZAKI, Takeo 峰崎岳夫 minezaki _at_ ioa.s.u-tokyo.ac.jp
  • ASANO, Kentaro 浅野健太朗 kenasano _at_ ioa.s.u-tokyo.ac.jp
  • KOYAMA, Shuhei 小山舜平 skoyama _at_ ioa.s.u-tokyo.ac.jp
  • MAEDA, Fumiya 前田郁弥 fmaeda _at_ ioa.s.u-tokyo.ac.jp

天文学教室談話会について

  • 天文学教室談話会については、こちらもご覧ください。

Upcoming Seminars

No. 384:

Speaker: Paul K. H. Yeung(Department of Physics, The University of Tokyo)

Title: Cosmic-ray Acceleration & Escape from Intermediate-Aged Supernova Remnant Kes 79

Language: English

Abstract: Hadronic γ-ray sources of supernova remnant — molecular cloud (SNR–MC) interactions can serve as stopwatches for the escape of cosmic rays (CRs) from SNRs, which gradually develops from highest-energy particles to lowest-energy particles with time. Recent multiwavelength studies confirmed the interaction of the intermediate-aged SNR Kes 79 with molecular clouds. In this work, we analyze the 11.5 yr Fermi-LAT data to investigate the γ-ray feature in/around the Kes 79 region. With ≥5 GeV data, we detect two extended sources: Src-N (the brighter one; radius ≈0.31°) concentrated at the north of the SNR while enclosing a powerful pulsar — PSR J1853+0056, and Src-S (radius ≈0.58°) concentrated at the south of the SNR. Their spectra have distinct peak energies (≈1.0 GeV for Src-N and ≲0.5 GeV for Src-S), suggesting different origins for them. In our hadronic model that includes the leaked cosmic rays (CRs) from the shock-cloud collision, even with extreme values of parameters, SNR Kes 79 can by no means provide enough CRs reaching clouds at Src-N to explain the local GeV spectrum. We propose that the Src-N emission could be predominantly reproduced by a putative pulsar wind nebula powered by PSR J1853+0056. On the other hand, our same hadronic model can reproduce a majority of the GeV emission at Src-S with typical values of parameters. Also, SNR Kes 79's relatively softer γ-ray spectrum peaked at a relatively lower energy is in agreement with its intermediate age, based on the modelled evolution of cosmic-ray escape from an SNR.


今後の講演予定

#DateSpeakerTitleChair
3832022年6月14日(火)※延期Scarlet Elgueta(東京大学天文学教室)Chemical abundances of time-series spectra of Classical Cepheids with WINERED天文学教室
3842022年6月21日(火)Paul K. H. Yeung(東京大学物理学教室)Cosmic-ray Acceleration & Escape from Intermediate-Aged Supernova Remnant Kes 79天文学教室
3852022年7月5日(火)小藤 由太郎(東京大学天文学教室)TBD天文学教室
3862022年7月12日(火)Scarlet Elgueta(東京大学天文学教室)TBD天文学教室
3872022年7月21日(木)Mason Leist (University of Texas San Antonio)TBD天文学教室
3882022年7月28日(木)細川 隆史(京都大学)TBD天文学教室

終了した談話会(2022年度)

詳細はこちら: 令和4(2022)年度談話会

#DateSpeakerTitleChair
3812022年5月10日(火)西村優里(東京大学天文学教室)Molecular spectroscopy in local and high-redshift galaxies: What do "dense gas tracers" mean?天文学教室
3822022年6月9日(木)堀内貴史 (東京大学天文学教育研究センター)Evaluation of magnitudes of the Starlink satellites by simultaneous multicolor observations天文センター
-----

これまでの談話会


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-15 (水) 10:56:11