お知らせ


研究のスコープ

研究分野

地球と生命の起源, 系外惑星, 星惑星形成, 太陽系内小天体, 星・惑星間ダスト, 未知の突発現象.

観測装置開発

可視・近・中間赤外線の広視野撮像装置・分光装置, 地上望遠鏡の遠隔・自動観測システム.

検出器

アレイセンサの読み出しシステムの開発, 可視・赤外線検出器の評価, CMOS高速動画センサ.

先端光学

機能性光学素子, 赤外線用金属メッシュ波長選択フィルタ, 赤外線用モスアイ反射防止コーティング, サブ波長構造素子.

ビッグデータ情報学

可視動画スカイサーベイによる宇宙ビッグデータの取得, 機械学習, スパースモデリング, 最適化アルゴリズム, 先端データベース, 即時データ解析システム.

社会利活用と教育

動画スカイサーベイで得られる宇宙デブリ・人工衛星データの利活用, 自然ビッグデータと高速ネットワークを利用したSDGsの達成に向けた取り組み.


メンバー

コアメンバー

酒向 重行(東京大学大学院理学系研究科天文学教育研究センター・准教授) 個人ウェブサイト

大澤 亮(東京大学大学院理学系研究科天文学教育研究センター・特任助教)

瀧田 怜(東京大学大学院理学系研究科天文学教育研究センター・特任研究員)

紅山 仁(東京大学大学院理学系研究科天文学専攻・博士2年)

津々木 里咲(東京大学大学院理学系研究科天文学専攻・修士1年)

倉島 啓斗(東京大学理学部天文学科・学部4年)

和田 空大(東京大学理学部天文学科・学部4年, 小林グループ兼)


連携グループ

東京大学木曽観測所グループ

東京大学アタカマ天文台(TAO)グループ


卒業生

西野 耀平(2021年・修士進学)


関連プロジェクト

TAO 6.5-m Telescope

TAO 6.5-m望遠鏡

東京大学アタカマ天文台(TAO) 計画は、チリ北部に位置するチャナントール山頂(標高5,640m)に口径6.5mの赤外線望遠鏡を建設する科学計画です。2021年の初観測を予定しています。

Kiso Schmidt Telescope

木曽シュミット望遠鏡

105-cmシュミット望遠鏡は、東京大学天文学教育研究センター木曽観測所(長野県)の主観測設備です。この望遠鏡は9度角の広い視野を持ち、遠隔自動観測システムにより制御されます。

MIMIZUKU

MIMIZUKU

MIMIZUKUはTAO6.5m望遠鏡用に開発された2-38μmの広い波長帯をカバーする中間赤外線観測装置です。搭載された視野結合ユニットにより、地球大気の透過率変動を高精度に補正することができます。

Tomo-e Gozen

Tomo-e Gozen

トモエゴゼンは木曽シュミット望遠鏡に搭載されたモザイクCMOSカメラとインテリジェントソフトウエアからなる可視広視野動画観測システムです。84枚のCMOSセンサにより、20平方度の視野を2フレーム/秒で連続撮像することができます。


出版


マルチメディア

1. Tomo-e Gozenの完成記念

多くの大学院生と共に完成させました。

以下を同時再生すると盛り上がります。

2. Tomo-e Gozenをシュミット望遠鏡に設置

中央に見えるのが望遠鏡焦点とカメラ本体。

3. トモエゴゼンYouTubeチャンネル

Tomo-e Gozen関係の他の動画はYouTubeチャンネルをどうぞ。

4. 東京大学大学院理学系研究科・理学部YouTubeチャンネル

『トモエゴゼンで宇宙の変わりゆく姿を捉える』(2016/12制作)


アクセス

東京大学天文学教育研究センターの建物は国立天文台三鷹キャンパスに隣接しています。
公共交通機関による三鷹キャンパスへのアクセス方法はこちらをご参照ください。

181-0015 東京都三鷹市大沢2-21-1

天文学教育研究センター2階2008号室または実験棟に居ます。


連絡先

〒181-0015 東京都三鷹市大沢2-21-1

東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター

酒向 重行(さこう しげゆき)

個人ウェブサイト

sakoioa.s.u-tokyo.ac.jp

0422-34-5021(代表)