2015年度天文センター大学院生コロキウム

目的

科学的な問題追求の方法とその結果の発表の仕方の練習を行う。

スケジュール

日付修士博士note
12015/04/16内山 允史
「MIMIZUKU Field Stacker で可能となるサイエンス」
小久保 充
「Koshida et al. 2014: ``Reverberation Measurements of the Inner Radius of the Dust Torus in 17 Seyfert Galaxies''」
-
22015/04/23小早川 大
「Paα, Hα輝線を用いた近傍LIRGにおけるダスト減光分布の測定」
泉 奈都子
「Search for star-forming regions in the extreme outer Galaxy with WISE data」
-
32015/04/30菊池 勇輝
「超広視野高速CMOSカメラTomo-eの開発」
橋場 康人
「Testing the spiral density wave in M100」
-
42015/05/07髙橋 晴香
「すばる望遠鏡 FOCAS におけるHα輝線データ解析 ~Hα off-band の gradient の除去~」
泉 拓磨
「Review: Circumnuclear warm/cold molecular gas in nearby Seyfert galaxies」
-
52015/05/14姜 継安
「Capturing the Earliest Image of Subluminous Type Ia Supernova with Kiso Supernova Survey」
岡田 一志
「Subaru/COMICS multicolor mid-infrared imaging of the transitional disk source Oph IRS 48」
-
62015/05/21山口 裕貴
「The Cosmic Infrared Background seen by ALMA, Carniani et al. 2015」
北川 祐太朗
「SWIMS: A new near-IR MOS spectrograph for Subaru and TAO telescopes -Current status and Future prospects-」
-
72015/05/28安藤 亮
「ALMA Calibrator Sourcesを用いた分子吸収線探査」
皆口 裕樹
「Revisiting the Unified Model of Active Galactic Neucei」
-
82015/06/04谷口 由貴
「Low-mass black holes as the remnants of primordial black hole formation, Greene 2012」
満田 和真
「Evolution of mass-size relation of quiecent early-type galaxies in different environment (Review)」
-
92015/06/11寺尾 恭範
「Exploring the z=3-4 massive galaxy population with ZFOURGE: the prevalence of dusty and quiescent galaxies, Spitler et al. 2014」
谷口 暁星
「Review: Recent shocked molecular gas studies in nearby galaxies」
-
102015/06/18毛利 清
「TMT搭載中間赤外線装置 における冷却チョッピングの検討 」
辰馬 未沙子
「Spectral Energy Distributions of T Tauri Stars with Passive Circumstellar Disks, Chiang and Goldreich 1997」
-
-2015/06/25休み-
112015/07/02佐々木 宏和
「超新星におけるνν散乱に伴うニュートリノ振動」
-
122015/10/08内山 允史
「中間赤外線高精度モニタリングに向けた 二視野合成装置「Field Stacker」の開発」
泉 奈都子
「WISE selected candidate of distant star-forming regions in the outer Galaxy beyond the outer Arm」
-
132015/10/15小早川 大
「論文紹介:GALAXY MERGERS DRIVE SHOCKS: AN INTEGRAL FIELD STUDY OF GOALS GALAXIES, Rich et al. 2015」
橋場 康人
「Observational verification of the density wave theory」
-
142015/10/22菊池 勇輝
「論文紹介 A real-time fast radio burst: polarization detection and multiwavelength follow-up」
小久保 充
「Optical Polarization Variability in the Luminous Type 1 Quasar 3C 323.1」
-
152015/10/29髙橋 晴香
「論文紹介:Extremely Inefficient Star Formation in the Outer Disks of Nearby Galaxies ( Bigiel et al. 2010 )」
泉 拓磨
「Do Circumnuclear Dense Gas Disks Drive the Growth of Supermassive Black Holes?」
-
162015/11/05姜 継安
「論文紹介: Grouping Normal Type Ia Supernovae by UV to Optical Color Differences (Milne et al., 2013) & The Changing Fractions of Type Ia Supernova NUV-Optical Subclasses with Redshift (Milne et al., 2015)」
岡田 一志
「Mid-infrared Imaging Study of Transitional Disk Source Oph IRS 48」
-
172015/11/12山口 裕貴
「CO line-emitter survey using ALMA data」
北川 祐太朗
「Paα imaging of nearby SF galaxies using Subaru/SWIMS: Survey design」
-
182015/11/19安藤 亮
「A Herschel [CII] Galactic plane survey --- I. The global distribution of ISM gas components, Pineda et al. 2013」
皆口 裕樹
「Discussion of our new dust reverberation model」
-
192015/11/26谷口 由貴
「Search for low-mass black holes」
満田 和真
「Investigating the Evolution of Massive Early-Type Galaxies with Spatially Resolved Observations」
-
202015/12/03寺尾 恭範
「The Evolution of Stellar Mass Functions of Star-forming and Quiescent Galaxies to z=4 from the COSMOS/UltraVISTA Survey, Muzzin et al. 2013」
谷口 暁星
「SiO multi-transition observations and analysis toward the strongly-shocked dense gas in the center of NGC 1068」
-
212015/12/10佐々木 宏和
「Neutrino oscillations in core collapse supernovae」
-
222015/12/17毛利 清
「Torus and AGN Properties of Nearby Seyfert Galaxies: Results from Fitting IR Spectral Energy Distributions and Spectroscopy, A. Alonso-Herrero et al. 2011」
-
232016/01/07-
  • 現時点では予定は頻繁に変わる可能性があるので注意してください。
  • 出張などで都合が悪い場合、発表者が責任を持って代わりの人を探した上でコロキウム係(coladmあっとioa.s.u-tokyo.ac.jp)まで連絡してください。
  • MLアドレス: extended_scientists2015 あっと ioa.s.u-tokyo.ac.jp

出欠表

趣旨

発表者として

  • 様々な研究分野の人の前でわかりやすく話をする(特にドクターは、20分程度にコンパクトにまとめて話す)。
  • 研究状況や論文の理解の整理をする。
  • 2015年度は、ドクターは
    • トラペは原則英語で作る。
    • 発表も英語で行ってもよい。

聴く側として

  • 広い分野の新しい研究の流れやアイデアを聴く(M1の発表についてはコメンターとして教員またはそれに代わる人が背景などを解説してもらう)。
  • 内容をある程度理解した上での質問をする。

内容

  • 内容は自分の研究の進捗状況の紹介、あるいは関連論文紹介。
  • 研究発表の場合も完成度は重視しない。
  • 面白いと思った論文の紹介でも良い。
  • マスターについては、内容を教員と相談すること。
  • 原則として毎回全員参加する。
  • 順番は、前年度からの続き。マスターはM2、M1の順になっているが、ドクターはバラバラ。
  • 発表のタイトルを自分の発表の前々日(火曜日)までにコロキウム係(coladmあっとioa.s.u-tokyo.ac.jp)まで知らせること。
  • 出席を記名式でとっています。会場にある紙に記名してください。
  • 教員も毎回出席が原則です。

日時

  • 毎週木曜日 13:30- (談話会 15:30- / お茶会 16:30- )
  • 発表前々日(火曜日)正午までにタイトルをコロキウム係(coladmあっとioa.s.u-tokyo.ac.jp)に連絡する

場所

  • 天文センター講義室

世話人: コロキウム係

連絡先はcoladmあっとioa.s.u-tokyo.ac.jp。

  • 酒向 重行
  • 小西 真広
  • 大澤 亮
  • 真喜屋 龍

時間の割り振り(発表時間)

  • マスター1人: 30分
    • M1の場合は初回のみコメンターによる発表の補足(10分以内)
  • ドクター1人: 20分

メンバーリスト

氏名学年指導教員発表日
泉 奈都子D3小林(尚)
橋場 康人D3土居
泉 拓磨D2河野
岡田 一志D2宮田
北川 祐太朗D2本原
小久保 充D2土居
皆口 裕樹D2吉井
谷口 暁星D1河野
満田 和真D1土居
内山 允史M2宮田
菊池 勇輝M2土居
小早川 大M2本原
髙橋 晴香M2小林(尚)
山口 裕貴M2河野
姜 継安M2土居
安藤 亮M1河野
谷口 由貴M1土居
寺尾 恭範M1本原
毛利 清M1宮田
辰馬 未沙子M1小久保
佐々木 宏和M1梶野

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-16 (水) 10:16:10