2014年度天文センター大学院生コロキウム

目的

科学的な問題追求の方法とその結果の発表の仕方の練習を行う。

スケジュール

日付修士博士note
12014/04/17満田 和真
「CCD Upgrade of Kyoto3DII Integral Field Spectrograph」
梅畑 豪紀
「Optical spectroscopy of submillimeter galaxy candidates with VLT/VIMOS」
-
22014/04/24山本 遼
「銀河系内縁部に位置する散開星団の金属量」
濱野 哲史
「Implication to the carriers of near-infrared DIBs」
-
32014/05/01藤堂 颯哉
「Study of science case by SWIMS: Galactic metallicity evolution」
-
42014/05/08谷口 暁星
「Redshift Search of a z~4 Ultra-bright Starburst Galaxy」
舘内 謙
「Bulge Formation of Nearby Galaxies」
-
52014/05/15平居 悠
「Chemodynamical Evolution of Galaxies with ASURA」
藤井 宏和
「Revisiting the redshift-volume test of cosmological models」
-
62014/05/22馬場 楓子
「IRISで見る太陽彩層の加熱過程」
泉 奈都子
「Molecular clouds and stellar clusters in the extreme outer galaxy」
-
72014/05/29内山 允史
「MIMIZUKU Field Stackerで可能となる サイエンス」
橋場 康人
「Testing the spiral density wave in M100」
-
82014/06/05菊池 勇輝
「木曽シュミットCMOSカメラの開発とtransient天体」
岡田 一志
「Investigation of Interstellar Silicate Grains with Mid-IR Spectrocopy」
-
92014/06/12小早川 大
「The new classification of galaxy morphology by ATLAS3D」
泉 拓磨
「Investigating the Coevolution of Supermassive Black Holes and Circumnuclear Disks」
-
102014/06/19髙橋 晴香
「HII REGIONS AND ABUNDANCES IN THE "DARK GALAXY" DDO 154 AND THE CHEMICAL EVOLUTION OF DWARF IRREGULAR GALAXIES」
柴垣 翔太
「R-Process Simulation of Binary Neutron Star Merger with New Fission Model」
-
112014/06/26山口 裕貴
「ALMAアーカイブデータによるミリ波分子輝線銀河の検出」
小久保 充
「Can the Inhomogeneous Accretion Disk Model Explain the Quasar UV-Optical Spectral Variability ?」
-
122014/07/03姜 継安
「Shock Effect—Another Powerful Tool to identify SN Ia Progenitor System?」
北川 祐太朗
「Revealing the physical properties of high-z SF galaxies using near-IR IFS+GL」
-
--2014/07/10木曽シュミットシンポジウムのため休講-
132014/07/17--皆口 裕樹
「How Do High Redshift Standard Candles Contribute To The Constraints On Dark Energy?」
内山 瑞穂
「NIR observations of MYSOs for searching variability」
-
142014/10/09藤堂 颯哉
「Development and Evaluation of detector readout system for SWIMS」
梅畑 豪紀
「An ALMA Snapshot Survey of Submillimeter Galaxies in the SSA22 Field」
152014/10/16満田 和真
「Isophote Shapes of High-z Early-Type Galaxies」
濱野 哲史
「The Survey of Near-infrared Diffuse Interstellar Bands」
162014/10/23--舘内 謙
「Ground-based Paα Narrow-band Imaging of Local Luminous Infrared Galaxies」
172014/10/30谷口 暁星
「Observations and Evaluations for FMLO on Nobeyama 45m Telescope」
藤井 宏和
「Current status of cosmic topology」
--2014/11/06東大技術職員シンポジウム開催のため休講-
182014/11/13平居 悠
「Enrichment of r-process elements in dwarf spheroidal galaxies with chemical and dynamical evolution model」
内山 瑞穂
「NIR monitoring observations of MYSOs for searching variability」
192014/11/20馬場 楓子
「IRISで見る太陽彩層のAlfven波」
泉 奈都子
「Molecular cloud distribution in the outer Galaxy」
--2014/11/27東大スタッフの出席が少ないため休講-
202014/12/04磯江 麻里
「some parameters of planetary system depending on multiplicity」
橋場 康人
「Evaluation of HAWAII-2RG detector for MOIRCS」
212014/12/11内山 允史
「中間赤外線高精度モニタリングに向けたTAO/MIMIZUKU搭載Field Stacker機構の開発」
--
222014/12/18山口 裕貴
「SXDF-UDF-CANDELS-ALMA 1.5 arcmin2 deep survey:The photometric redshift survey of 1.1 mm sub-mJy sources」
小久保 充
「A Fabry-Perot and Grism Imaging Spectrograph LISS : Observations at NAYUTA Telescope」
232015/01/08山本 遼
「近赤外線高分散分光に基づく星団中の赤色超巨星の化学組成解析」
柴垣 翔太
「New interpretation of solar r-process abundances with neutron star mergers」
242015/01/15髙橋 晴香
「論文紹介 THE UNIVERSAL INITIAL MASS FUNCTION IN THE EXTENDED ULTRAVIOLET DISK OF M83 (Koda et al. 2012, ApJ, 749, 20K)」
泉 拓磨
「ALMA Observations of Dense Molecular Gas Tracers: from Astrochemical Perspective」
252015/01/22菊池 勇輝
「Tomo-e Gozen カメラによるkilonovaの観測可能性」
---
262015/01/29小早川 大
「Paα, Hα輝線を用いた近傍LIRGにおけるダスト減光分布の測定」
皆口 裕樹
「Newly Updated AGN Dust Reverberation Model」
--2014/02/05修士論文発表会のため休講-
272015/02/12須永 直紀
「ビッグバンのリチウム問題の取り組み」
磯江 麻里
「ケプラー観測データを用いた複数惑星系の軌道構造」
--
282015/02/19姜 継安
「Early Phase Behavior of Type Ia Supernovae」
岡田 一志
「Development of cryogenic readout electronics for a mid-IR instrument」
292015/02/26--北川 祐太朗
「Ultra-High Precision Machining Techniques: For Monolithic Fabrication of Image Slicers」
-
  • 現時点では予定は頻繁に変わる可能性があるので注意してください。
  • 出張などで都合が悪い場合、発表者が責任を持って代わりの人を探した上でコロキウム係(coladm@ioa.s.u-tokyo.ac.jp)まで連絡してください。
  • MLアドレス: extended_scientists2014 あっと ioa.s.u-tokyo.ac.jp

出欠表

趣旨

発表者として

  • 様々な研究分野の人の前でわかりやすく話をする(特にドクターは、20分程度にコンパクトにまとめて話す)。
  • 研究状況や論文の理解の整理をする。
  • 2014年度は、ドクターは
    • トラペは原則英語で作る。
    • 発表も英語で行ってもよい。

聴く側として

  • 広い分野の新しい研究の流れやアイデアを聴く(M1の発表についてはコメンターとして教員またはそれに代わる人が背景などを解説してもらう)。
  • 内容をある程度理解した上での質問をする。

内容

  • 内容は自分の研究の進捗状況の紹介、あるいは関連論文紹介。
  • 研究発表の場合も完成度は重視しない。
  • 面白いと思った論文の紹介でも良い。
  • マスターについては、内容を教員と相談すること。
  • 原則として毎回全員参加する。
  • 順番は、前年度からの続き。マスターはM2、M1の順になっているが、ドクターはバラバラ。
  • 発表のタイトルを自分の発表の前々日(火曜日)までにコロキウム係(coladm@ioa.s.u-tokyo.ac.jp)まで知らせること。
  • 出席を記名式でとっています。会場にある紙に記名してください。
  • 教員も毎回出席が原則です。

日時

  • 毎週木曜日 13:30- (談話会 15:30- / お茶会 16:30- )
  • 発表前々日(火曜日)正午までにタイトルをコロキウム係(coladm@ioa.s.u-tokyo.ac.jp)に連絡する

場所

  • 天文センター講義室

世話人: コロキウム係

連絡先はcoladm@ioa.s.u-tokyo.ac.jp

  • 酒向 重行
  • 小西 真広
  • 大澤 亮

時間の割り振り(発表時間)

  • マスター1人: 30分
    • M1の場合はコメンターによる発表の補足(10分以内)
  • ドクター1人: 20分

メンバーリスト

氏名学年指導教員発表日
欠畑 賢之D3吉井
浅野 健太朗D3宮田
内山 瑞穂D3宮田
梅畑 豪紀D3河野
舘内 謙D3本原
濱野 哲史D3小林(尚)
藤井 宏和D3吉井
泉 奈都子D2小林(尚)
橋場 康人D2土居
岡田 一志D1宮田
泉 拓磨D1河野
北川 祐太朗D1本原
小久保 充D1土居
皆口 裕樹D1吉井
柴垣 翔太D1梶野
山本 遼M2小林(尚)
満田 和真M2土居
藤堂 颯哉M2本原
谷口 暁星M2河野
平居 悠M2梶野
馬場 楓子M2
内山 允史M1宮田
菊池 勇輝M1土居
小早川 大M1本原
髙橋 晴香M1小林(尚)
山口 裕貴M1河野
姜 継安M1土居
須永 直紀M1梶野
磯江 麻里M1小久保

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-19 (木) 13:02:27