Top/メモ/astro-phメモ/202012

2012.01433 : Williams+ "ALMA measures rapidly depleted molecular gas reservoirs in massive quiescent galaxies at z~1.5"

  • 6 quiescent galaxies : z~1.5, M*>1e11.3Msun
  • ALMA CO(2-1) => 5天体でM_H2<1e10Msun (3sigma)、1天体で4sigma検出
  • f_H2< 2-6%
  • t_dep<0.6Gyr
    • scaling relationにくらべて短い。
    • simulationとはよく合う。
    • DMHalo がMhalo>1e12Msunになるのがz~4で、それ以降はaccretionが止まる、という病像と合致する
    • あるところでgas inflowが止まった => そのあと通常より早いガス消費をした、という病像

2012.01448 : Berta+ "Close-up view of a luminous star-forming galaxy at z=2.95"

  • HerBS-89a
    • z=2.95
  • NOEMA
    • 0.3" imaging => 1" diameter Einstein ring
    • 12CO(9-8), H2(2_02-1_11)
    • OH+吸収3本
    • NH2輝線2本
    • HCN(11-10) and/or NH(1_2-0_1)吸収
    • いずれも非常に高密度ガス(n_H2=1e9-10)トレーサー
  • HST imaging
    • foreground lens : z~0.9
  • VLA
    • 12CO(1-0) => M_H2=2e11Msun
    • LGV model => n_H2=500, T_kin~200K
  • image reconstruction
    • 増光率~4-5
    • 12CO(9-8)とH2Oは同じような空間・速度分布
      • 数kpcサイズに分布
      • 1 componentなのか2 componentなのかは気別できず
      • 線幅が広いから2コンポーネントの方がよく合うか
    • L_IR=4.6e12Lsun, Mdust=2.6e9Msun
    • Gas/Dust~80
    • SFR=614Msun/yr
    • tau_dep=3.4e8yr
  • OH+, CH+の吸収はCOにくらべて100km/sくらいずれている
    • どちらも低密度トレーサ(n_H2~100)
    • => gas inflow? 10-20Msun/yr?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-15 (火) 19:05:14