Top/東京大学天文センター本原研究室

最近の出来事など

概要

現代天文学は、未踏のパラメータ空間(観測波長、空間分解能、波長分解能など)を新たな観測機器開発することで切り開き、新たな発見を行うことによって進んできました。

我々の研究グループでは、主に波長1~2.5μmの近赤外線のための観測装置の開発を行い、近傍から遠方までの銀河を観測してその形成と進化の謎に迫ることを目標としています。

thumbthumb
thumbthumb


添付ファイル: fileIMG_1801n.jpg 169件 [詳細] fileIMG_1835.jpg 1372件 [詳細] file_1090611.jpg 1538件 [詳細] fileIMG_1801.jpg 1323件 [詳細] file_MG_5802.jpg 1787件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-14 (金) 12:27:47