Top/Lectures/2014全学自由研究ゼミナール

講義ノート

シラバス

時限

水曜日5限(16:30-18:00)

参考ウェブ

出欠表

講義題目

「最新の宇宙像」

講義内容

授業の目標・概要

近年、宇宙観測の技術は急速に発展を遂げており、私達人類が持つ宇宙像は、大きく塗り替えられている。最先端の宇宙観測とその成果を、理学系研究科天文学教育研究センターに所属する様々な分野の専門家がわかりやすく紹介する。天体現象だけでなく観測の手法についての解説も随時行う。天文学の知識を系統的に与えることが目的ではなく、多様な宇宙の姿やその観測技術・研究手法に興味を持ってもらい、科学的な思考方法に慣れてもらうことに主眼をおく。

授業のキーワード

星、惑星系、銀河、星間物質、膨張宇宙、観測技術

授業計画

file講義日程表H26-駒場-ver2.pdf

授業の方法

主に液晶プロジェクターを使ったオムニバス形式での講義(全12回)を行う。授業の各回ごとに、取り上げるテーマは異なるが、ストーリーとしては完結して理解できるように配慮する。講義の順番については入れ替わる可能性があるため、第一回のときに最新のスケジュールをアナウンスする。

成績評価方法

レポート(100%)による。


添付ファイル: file講義日程表H26-駒場-ver2.pdf 602件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-01 (火) 16:25:06