Top / メモ / astro-phメモ / zgt5 Galaxies

1905.09295 : Strait+ "Stellar Properties of z ~ 8 Galaxies in the Reionization Lensing Cluster Survey"

  • RELICSのz>8候補 8銀河のIRACデータを入れたSEDフィット
    • 6天体はz>8でよく合う(z=1-2よりも)
    • 2天体はz~7
    • M*=5e6-4e9Msunと広い
    • SFR=0.2-14Msun/yr
    • Age=30-600Myr
  • A1763-1434
    • z~8なのにevolved populationの痕跡。(BB <100Myrなのに)
  • SPT0615-JD
    • z=10 candidateのまま。
    • evolved populationありそう?
  • これ以上はJWSTがないとわからん

1804.00041 : Mainali+ "Spectroscopic Constraints on UV Metal Line Emission at z~6-9: The Nature of Lyman-alpha Emitting Galaxies in the Reionization-Era"

  • z>7 LAE でUV metal輝線が受かってきている。
    • hard ionizing photonがある
  • z=5.4-8.7 LAE 7天体 + z>7 photometric 3天体の近赤外線分光
    • 1天体除いて検出なし
  • EGSY8p7(z=8.683)
    • NIV1243
      • 4.6sigma検出
      • <90km/s => nebular origin
    • CIV, HeII OIII]は検出されず
    • >77eVの光子場あり
      • AGN? Shock?
    • z>7 LAE 13天体中5天体でUV輝線
    • LAEでは非常に高えねるきー光子場が一般的にある?

1802.07772 : Behrens+ "Dusty galaxies in the Epoch of Reionization: simulations"

  • A2744_YD4 (z=8.38,Laporte et al. 2017})の再現
    • hydrodyn + radiative transfer

1711.02090 : Bouwens+ "Very low-luminosity galaxies in the early universe have observed sizes similar to single star cluster complexes"

  • z=6-8 307 銀河のサイズと光度
    • 近傍と比較
    • HFF
    • z~6 : 153
    • z~7 : 101
    • z~8 : 53
  • サイズは500pc ~ <5-pc
    • 一番暗い人が非常に小さい(10-30pc +/-10pc)
    • size-L 関係の延長より大幅に小さい
      • 17magでsize-Lにブレイク? L^0.5の関係になている?
    • 一番小さいの天体は30Dorと同じくらいのサイズ
    • Proto GC LFの上限も与える
    • もう少し頑張ればforming GCも見えてくるのでは。

1710.08930 : Salmon+ "The Reionization Lensing Cluster Survey (RELICS) and the Brightest High-z Galaxies"

  • z=6~8銀河の検出
  • RELICS (Reionization Lensing Cluster Survey)
    • HST+SST
    • 41 massive cluster
    • 200arcmin^2
    • CLASHと同じくらい hi-z銀河サンプルが得られた
  • 321 @z_phot=6~8
    • 明るいもので、H_AB=23
    • z>6でもっともあかるい

1710.07301 : Kawamata+ "Size--luminosity relations and UV luminosity functions at z=6-9 simultaneously derived from the complete Hubble Frontier Fields data"

  • size measurement of z=6-9 faint LBG sample
    • HFF+parallel field
    • z=6-7 : 334
    • z=8 : 61
    • z=9 : 37
  • faint endでは広がった天体が受からなくなるバイアス。
    • 導出されたLFはsize luminosity relationに影響される
    • simulation : LF, RLともにパラメータにした
  • z=6-7
    • intrinsic RL : r∝L^beta は(beta=0.46) で、近傍よりsteep
    • LFはshallow faint-end slopeになる(alpha=-1.86)
    • steep beta = lower specific angular momentumとconsistent
  • z=8, 9でもz=6-7と同じだが、エラー大。

1710.06432 : Maseda+ "The MUSE Hubble Ultra Deep Field Survey: IV. Global properties of C III] emitters

  • CIII]1907,1909
    • z>6で有効。中世水素で吸収されない。若い星形成銀河から出る。
  • z>1.5 CIII] emitter 17天体 @HDFS&UDS-MUSE30hr
    • 2arcmin^2
    • f_CIII]>2e-17erg/s/cm^2@HDFS, 7e-18cgs@UDS
    • EW_rest=2-19A
    • z=1.5-4の銀河の3%を占める
    • 通常の銀河に比べ,SFR大、ダスト吸収小、年齢若い。
  • WFC3 slitlessスペクトルで可視輝線(f>1e-18cgs)と対応付け
    • [OIII]5007強度と強い相関
    • すべてEW_rest>250A : EELGになっている。

1709.04954 : Jones+ "Dynamical Characterization of Galaxies at z~4-6 via Tilted Ring Fitting to ALMA [CII] Observations"

  • z>4銀河の回転曲線を。
    • [CII]158um
    • GIPSY's ROTCURtaskを使っていろんな銀河の回転をフィット
      • MS銀河 : HZ9, HZ10
      • DLA host : ALMAJ0817+1351
      • SMG : AzTEC/C159, COSMOS J1000+0234
      • Quasar host : ULAS J1319+0950
  • 結果
    • M_DMH~1e11msunの天体一つ
    • AzTEC/C159, ULAS J1319についてはシミュレーションと合わせてintegrated line profileから速度分散出した

1709.06569 : Matthee+ "ALMA reveals metals yet no dust within multiple components in CR7"

  • CR7@z=6.2 の[CII] 158um followup / FIR continuuum
    • HST/WFC3とマッチした空間分解能で
    • 3 UV componentあり
  • [CII]でも複数のコンポーネント検出
    • もっともあかるい2コンポーネントはUVでも明るい(A と B)
      • LyAにくらべて150km/s blue shiftしている
    • それ以外のコンポーネントはB, Cの近くに分布
      • 300㎞/s, 80k/s blue shift
  • FIR continuumは検出されず
    • L_IR<3.1e10Lsun
    • UV-SFR=29, 6, 7 Msun/yr for A, B, C
    • SFR-[CII] relationにはのっている => LyAはかなずしも[CII]と反相関しない
  • central galaxyの形成過程を見ている?

1709.02526 : Hirashita+ "Dust masses of z>5 galaxies from SED fitting and ALMA upper limits"

  • z>5 DSFGのダスト質量
    • ALMA+rest UV-opt SED
  • SED fitting
    • dust extinction - stellar age 縮退は解けない
    • 二つの極端なモデル
      • (A) continuous SF
      • (b) instantaneous SF
    • Himiko (UV bright sample)に適用したら
      • (A)だとかなりのダスト量+>70K => Mdust<2e6Msun
      • SNあたりのダスト生成量は m_d,SN<0.1Msun => reverse shockやoutflowでダスト破壊が進んでいないと説明できない
      • ということはSNはダストの主な供給源ではないことになる
      • (b)だとMdust~2e7Msun, m_d,SN~0.3Msun
      • 二つのモデルの区別は、<1.2mm観測で区別できる
    • z>5 LBG compositeに適用
      • Mdust<2e6Msun, m_d,SN<2Msun
  • HimikoのようなUV-Bright天体の観測が重要

1707.07713 : Mas-Ribas+ "Small-scale Intensity Mapping: Extended Halos as a Probe of the Ionizing Escape Fraction and Faint Galaxy Populations during Reionization"

  • Escape fraction/ultra faint companionを見積もる新しい方法
    • Diffuse LyA, continuum and Ha emission around z~6 galaxies
    • 銀河周りのdiffuse haloをモデル化
    • Mas-Ribas+Dijkstra16, Mas-Ribas17の拡張
    • escape ionization photonによる蛍光放射+satelite銀河の輝線
  • z=5.7, 6.6 LAEデータへの適用
    • M_UV=-19~-21.5mag
    • f_esc~5%と低い
    • JWSTによるrest-optical & Ha観測シミュレーション
    • L>5L*銀河であれば蛍光Ha輝線が検出できるはず。
    • satellite銀河からのHa輝線と区別できる

1706.04613 : Stefanon+ "HST imaging of the brightest z~8-9 galaxies from UltraVISTA: the extreme bright end of the UV luminosity function"

  • COSMOS/UltraVISTA 1.6deg^2
    • 16 Y&J dropouts (Y~25.6 5sigma limit), H=24.8-25.5mag
    • 3/5 robust z=8-8.7, 2/5 seems z~2
  • HST/WFC3 follow-ups
    • 3 z>8 candidates detected
    • z=9近くの可能性高い
    • beta=-1.97 : z=4-6 LBGくらべて少し青い? / z~7銀河と同じくらい
    • r=0.9kpc : z=11, z~7銀河と同じくらい
    • UV-LF も出した

1706.09968 : Jones+ "Galaxy Formation Through Filamentary Accretion at z=6.1"

  • WMH5 @ z=6.0695
    • ALMA continuum + [CII]158um
    • 0.3"resolution
  • Compact main galaxy (continuum, [CII])
  • tail : 5kpc離れたところ
    • 100km/s, 250km/sずれた二つのコンポーネント
    • 速度幅は80km/sくらい
    • 東西に3kpcくらい広がって、main galaxyとつながる
  • [CII]/FIRはz=5.5 LBGと同じくらい
  • early galaxy formationを見ている?
    • sub galaxyからのガス流入
    • フィラメント状のガス分布
    • シミュレーションと一致

1705.07912 : Strandet+ "ISM properties of a Massive Dusty Star-Forming Galaxy discovered at z ~ 7"

  • SPT0311-58@z=6.9
    • ALMA 3mm scan => CO65, C76, CI21
    • ATCA CO32
    • APEX CII
  • ISM property : CO+CI
    • 2component
    • 重力レンズ効果は除去前
    • radius~4kpc
    • Tdust=36+115K
    • Mdust=5.2e9Msol+4.8e8Msol
    • Mgas=5.7e11+5.3e10Msol
    • SFR=4100Msol/yr
    • tdep=150Myr
    • alpha_CO=5.5/3.1Msol/K/km s /pc^2 (近傍ULIRGで0.8なので、かなり大きい):密度が非常に大きいせいか
  • [CII]/FIR=7.3e-4 : 他のSPTサンプルと同じくらい、

1705.08662 : Decarli+ "Rapidly star-forming galaxies adjacent to quasars at redshifts exceeding 6"

  • z=4ですでに1e11Msolの楕円銀河がある=>z>6で>100Msol/yrの銀河が必要
    • そのような銀河は1天体を除いてクエーサー
  • z>6 quasar compatnionから[CII]検出
    • 速度オフセット < 600km/s
    • 位置オフセット <600kpc
    • SFR_C2>100Msol/yr
    • 4/25 z>6 クエーサーから検出
  • 検出された天体がC2 NCのbright endであれば、z=4 massive galaxy formationを説明するのに十分

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-10 (月) 18:42:25 (10d)