Top/メモ/astro-phメモ/Instruments

1906.05891 : Schmidt+ "Three Dimensional Optimal Spectral Extraction (TDOSE) from Integral Field Spectroscopy"

  • Ver 3.0 : https://github.com/kasperschmidt/TDOSE
  • "Three Dimensional Optimal Spectral Extraction from IFS data cube"
    • Python tool
    • どんな3次元データキューブでも使える
    • morphological reference image modelを使ってスペクトルを切り出せる
      • いまいちどういうことかわからず
      • de-blendingして1次元スペクトルを切り出せる
  • 150 [OII] emitter from MUSE-wide survey
    • [OII]輝線強度はmulti-componentmodelで fluxは~5%増加
    • aperture-extraction に比べてflux で9%, S/Nで14%増加

1802.06914 : Boone+ "A Binary Offset Effect in CCD Readout and Its Impact on Astronomical Data"

1709.06141 : France+ "The LUVOIR Ultraviolet Multi-Object Spectrograph (LUMOS): Instrument Definition and Design"

  • UVサイエンス
    • exoplanet hot star characterization
    • outer solar system satelliteのwater plume
  • multiple resolution at
    • low : R=8000-18000
    • medium : R=30000-65000
    • FUV=100-200nm, NUV=200-400un
    • very low res mode : R=500 for faint objects
  • Imaging spectroscopy(ようするにMSA-MOS分光器)
    • 3x1.6 arcmin^2
    • holographically ruled diffraction grating
    • Microshutter array
      • 480x840 array x 6
    • 0.136 x 0.068 arcsec shutter (unvignetted area 0.018" x 0.054")
    • advanced optical coating => high-throughput
      • Enhanced LiF coating : Al+LiF deposition
      • >85% reflectivity @ 100-103nm
    • FUV detector
      • Microchannel plate (MCP) : NG large format photon-coupling detectors
      • 2x2 array of 200mmx200mm plate
    • NUV MOS Mode detector
      • delta-doped CMOS detector
      • 6.5um pixel, 8k x 8k format
      • 3x7個使用
  • FUV imaging channel
    • 100-200nm
    • 13 mas resolution
    • 2x2 arcmin^2 FOV
    • narrow, medium-band filters

1709.05834 : Hocking+ "An automatic taxonomy of galaxy morphology using unsupervised machine learning"

  • 銀河分類を行う機械学習手法(superviseなし)
    • pre-selection, prefilteringなしで行っているのが新しい
  • HST-FFのデータ
    • A2744フィールドでトレーニング
    • MACS0416.1フィールドで分類を行った
      • early / lateの分類を自動で行った
    • HST-CANDELSでさらに行った。
      • 60000天体
      • Galaxy-zoo:CANDELSと比較
      • よくあった。
    • これまでにないものの発見ができるのが特徴の一つ
      • 重力レンズも発見
      • Euclid, LSSTに重要

1708.01091 : Schirmer+ "Multi-conjugated adaptive optics imaging of distant galaxies -- A comparison of Gemini/GSAOI and VLT/HAWK-I data"

  • MCAO system
    • GeMS/GSAOI@Gemini-Sが唯一
    • Ks-bandでの遠方銀河検出時のS/Nと検出限界の評価
    • HFF MACS-J0416.1-2403のデータ
    • VLT-HAWK-I dataと比較
  • Galaxy number count
    • thermal background は上昇 / throughputは減少によるロスはAOによるゲインで取り戻せている(smaller aperture)
    • S/Nのゲインは
      • 40% (銀河のサイズがseeingの半分の銀河について)
      • より小さい銀河だと最大2.5倍
  • 冷却MCAOが将来的には重要になる。とくにELTで。

1707.07779 : Saxena+ "Commissioning and performance results of the WFIRST/PISCES integral field spectrograph"

  • WFIRST/PISCES
    • high-contrast IFSのプロトタイプ
    • R, I, Z (660-890nm)
    • 76 x 76 lenslet array
    • R=70
  • High Contrast Imaging Testbedとしてcommissioningした結果
    • flight-like data reduction/analysisの手法
    • high contrastが達成できた

1707.03445 : Gatkine+ "Arrayed Waveguide Grating Spectrometers for Astronomical Applications: New Results"

  • photonic deviceで近赤外線分光
  • AWG (arrayed waveguide grating)
    • peak throughput ~0.23
    • R~1300
    • H-band (1450-1650nm)
    • TE polarization
    • Silica on Si + Si3N4 thin layer waveguide core
    • FSR=10nm @ 1.6um
    • 17db(2%) crosstalk
  • AWG#1 構成
    • シングルモードwave guideにファイバーで入力
    • waveguide(2x0.1mm) x 34個が光路差を作る
    • 16mm x 7mm footprint
  • 高温アニリングで1.5um付近の透過率が向上

1706.05063 : Bisigello+ "Recovering the properties of high redshift galaxies with different JWST broad-band filters"

  • JWST filters : MIRI. NIRCAM
    • 0.6-7.7um : NICAM 8 bands
  • galaxy SED fitting simulation
    • 1542 gals
    • z=7-10
    • 0.1Gyrで年齢が決まる
    • E(B-V)は0.06magで決まる
    • z=M*, sSFRは0.2-0.3dexでしか決まらない
    • NIRCamしか使わないと
      • z=7-9ではM*, sSFRは0.2-0.3dexでしか決まらない
      • z=10では4000A breakをNIRCamで拾えなくなる。M*/sSFRのoutlierが20%/90%以上増加する
      • 強いnebular emissionがあると、さらに困難になる。

1706.03067 : Brandt+ "Data Reduction Pipeline for the CHARIS Integral-Field Spectrograph"

1705.09035 : Ellis+ "Photonic ring resonator filters for astronomical OH suppression"

  • Ring Resonatorで導波管をとおる特定の波長の光をフィルタ/選択する
    • NotchフィルタとしてOH夜光が除去できる
      • mλ=n_eLのものが除去される:n_e=実行屈折率、L=リングの円周
    • 波長コムとしてつかえるかも?
    • FSRを十分にとるには、リング半径は<10umが必要
    • 高い屈折率のコントラストを持つSiやSi3N4
  • OH夜行除去フィルタ
    • 各輝線ごとにリングが必要
    • 望遠鏡からの光をphotonic lanternで複数のシングルモードファイバーに入れる=>それをring resonatorに入れる=>夜光除去されたらサイドphotonic lanternで一つのマルチモードファイバにまとめ、分光器に入れる
    • 感度工場シミュレーション
      • notch width=200pm, notch=40dbで100本以上の夜光を除去できれば、S/Nが4.5倍(J)/10倍(H)になる
      • notch width=100pm, notch=10dbで100本以上の夜光を除去できれば、S/Nが2.5倍(J)/2.5倍(H)になる
      • J-bandではnotch widthを100-200pmで動かしても感度向上変わらない。H-bandだとnotchが大きいときに非常に効く(2倍以上)
    • 試作品
      • self coupling coeff. : >0.9,高い
      • Q=4000, notch~10db => これらはさらなる改善が必要

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-17 (月) 17:43:44