Top/メモ/astro-phメモ/FIR Emission Line

[CII]158um

1907.02536 : Neeleman+ "Resolved [CII] Emission from z>6 Quasar Host -- Companion Galaxy Pairs"

  • z>6 quasar host
    • [CII] companion がある確率が日所に高い。6/27でcompanion同定
    • companionは遠赤外では同じくらい明るいがAGNがない
    • 知られている6pairのうち5天体を観測
  • ALMA 0.35" image (2kpc)
    • [CII] : 全天体で分解、3.2-5.4kpc
      • 4天体(うち3天体はcompanion)は回転、6天体は見えず
      • sigma~80-200km/s, turbulent ISM
      • Mdyn~0.3-5.4e10Msun
    • Dust continuum : [CII]より40%小さい => 中心ではより[CII] deficit
    • 3ペア天体では、tidal interactionがみえた?
      • Quasar fueling?
    • Quasarは[CII]やダスト放射には大きくは寄与していない

1711.00798 : Lagache+ "The [CII] 158 micron line emission in high-redshift galaxies"

  • G.A.S.model(セミアナ) + CLOUDY
    • z=4-8 銀河の[CII]輝線強度予測
    • CMBによる影響も評価
  • 結果
    • L_CII-SFR, L_CII-Zg関係はともに赤方偏移進化しない
    • L_CIIが大きいと、SFRは大きく、Zも多くくなる傾向
    • だが分散は大きい。L_CII-SFRで0.5dexの分散
    • Hi-zで近傍に比べてL_CII-SFRが小さくなるのは再現した。(CII deficitを再現した)
    • CII deficitは輻射場の強度と強く相関しているよう。
    • L_CII luminosity function
      • α=1のpower-lawになる
      • αは赤方偏移進化しない
      • number densityはz=4 =>8で1/20になる

1709.02001 : Carilli+ "Galaxies into the Dark Ages"

  • 2~3mm観測で[CII]158umで、z=10-20の天体検出の可能性
  • ALMA 40hr
    • z=10 Z=0.2Zsun, SFR=5Msun/yrの天体で検出できる
    • 6sigma
  • ngVLA 40hr
    • z=15 Z=0.2Zsun, SFR=1Msun/yrの天体で検出できる
    • 6sigma
    • z=20 で4sigma
  • Blind surveyで受かる個数は 40hrで1天体くらいか

1706.04614 : Smit+ "Measurement of rotation in two galaxies in the Epoch of Reionization from ALMA-detected [CII] emission"

  • z>6 [CII]158
    • z=6.8540, 6.8076
    • L_CIIは過去に検出されたz>6.5 LAEのものよりも高い
      • LAEと異なった種族を見ているのか
    • 空間的に広がっており(6~8kpc)、速度勾配あり(111, 54km/s)
      • 回転と解釈すると、Vrot/σが小さめのディスク
      • M*/Mdynはz~2 HAEと同じくらいか (M*~2e9Msol)
  • IRX-beta : z>6.5 LAEにくらべて、beta~-1.2と大きめ、IRXは1dex以上小さい

[NII]205um

1906.02293 : Cunningham+ "The [CII]/[NII] ratio in 3 < z < 6 sub-millimetre galaxies from the South Pole Telescope survey"

  • 40 SMG@z=3-6 from SPT survey (2500deg^2)
    • [NII]205um emission line
    • ACA+APEX
    • 29天体は[CII]も検出
  • [CII]/[NII]=9.4 (4.2~23.7)
    • Local U/LIRGと同じくらい
    • [CII]/[NII]が非常に小さい:[CII]への寄与の大部分がHIIregionの天体
    • 大きくて、PDR/XDRからの寄与がdominantなものもいた
  • Hi-z SMGの物理状態はいろいろ

1706.03018 : Lu+ "ALMA [NII] 205 micron Imaging Spectroscopy of the Interacting Galaxy System BRI 1202-0725 at Redshift 4.7"

  • ALMA [NII]205um観測
    • BRI1202-0725 @z=4.7
    • QSO+SMG+LAE天体
  • [NII],continuumをQSO本体とSMG両方で検出
    • [NII]輝線で空間的に広がっているQSO: 9kpc, SMG: 14kpc
    • continuum : 0.7"分解能でも分解できず
  • [NII]/CO(7-6)輝線比 => Tdust=43K (beta=1.8を仮定)
    • Local LIRGと同じくらい
  • SFR=5.1e3 / 6.9e3 Msol/yr for QSO /SMG
  • M_gas= 5e11 / 5e11 Msol
  • t_dep= 1e8 / 7e7 yrs

[OIII]88um

1708.05173 : Laporte+ "A spectroscopic search for AGN activity in the reionization era"

  • 4つの明るいz>7 [OIII] bright SFGs
    • これまでのところ全部LAEである
    • これらはなにか新しいpopulationではないか?
    • LyAが強い=>ionized bubbleを形成している =>つよい紫外線源があるのでは? =>AGNがある?
  • 3天体についてXSHOOTER分光観測
    • IRAC 3.6 or 4.5にexcess([OIII]起源だと思って)がある天体
    • 1天体@z=7.15についてはMOSFIREでも
      • 強いHeII とNV => non-thermal sourceがあるのでは
    • 2天体@z=6.81,6.85
      • 片方はLAE, もう一方はCIII]
  • やはり強い[OIII]はearly ionized bubbleに付随しているのでは。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-09 (火) 11:00:18