Top/メモ/astro-phメモ/Cluster Galaxies

1811.09653 Vantyghem+ "An enormous molecular gas flow in the RXJ0821+0752 galaxy cluster"

  • Chandra X-ray cluster RXJ0821+0752のALMA観測
    • CO(1-0), CO(3-2)
    • M_mol=1e10Msun
    • 中心銀河の中心から数キロパーセク離れたところの二つのクランプに集中
    • X-ray cavityと一致
  • 原因は?
    • 多くのBCGでは、stimulated coolingでポテンシャルの底から持ち上げられる
    • この天体の場合、X-ray cavityが弱すぎる。
      • 近くの銀河との相互作用で起きたsloshingで持ち上げられた?
      • 最近の星形成活動のアーク構造も同じようにずれている。

1811.06548 : Matharu+ "HST/WFC3 grism observations of z ∼ 1 clusters: The cluster vs. field stellar mass-size relation and evidence for size growth of quiescent galaxies from minor mergers"

  • quiescent galaxy進化へのminor mergerの影響の評価
    • 銀河団では相対速度が大きいので、mergerを起こしにくいはず
    • z~1銀河団10個の中の銀河のmass-size relationをフィールドと比較
  • cluster sample
    • 344+182 spec-z cluster member with GMOS+WFC3 grism
  • quiescentもstarformingも、銀河団銀河の方が0.08~0.07dex小さかった
    • z=1.2-1.5のフィールド銀河でquiescentとstarformingとの違いとconsistent
      • => cluster環境ではz=1.3=>1の間にサイズ進化しなかった?
      • => z=1-0の間でもっともコンパクトな銀河団銀河の40%がBCGに飲み込まれ、残りもdissipateしてしまったとすると、説明可能
      • =>z=1-0のBCGの星質量進化ともconsistent
  • minor mergerがquiescent field galaxyのsize growth の原因か。

1804.09231 : Miller+ "A massive core for a cluster of galaxies at a redshift of 4.3"

  • SPT2349-56
    • z=4.31
    • 14 gas-rich SBGs
      • SFR=64-1170 Msun/yr
      • Mgas=1-12e10Msun
    • 130kpcの中に集中 (~20arcsec)
    • sigma~410km/s => Mcluster=1e13Msun
    • CO(4-3), [CII]158um

1709.07009 : Muldrew+ "Galaxy evolution in protoclusters"

  • セミアナモデルでのprotoclusterの銀河進化
    • Millenium Simulation / Planck cosmology
    • フィールド、原始銀河団両方での星形成史が再現できた
    • 原始銀河団のほうが0.7Gyr先に星形成のピークを迎える
    • 銀河団環境ではz=1.4までに星質量の80%が形成 <=> フィールドでは45%
    • モデルでz>3ではsSFRに違いはない。また、高密度環境では星形成はenhanceされている
    • z<3では銀河団環境でsSFRが小さくなる。
    • 原始銀河団でのstellar mass functionはtop heavyになっている。
  • 星形成史の環境による違いの原因は、DMHが重いとDM密度も上がる。そのために重い銀河の形成が促進される。
  • 今後どのような観測をしていけばいいか
    • z>1でのsSFR進化の環境依存性
    • z>1原始/銀河団でのSFRD
    • 星質量ごとの銀河のquenching efficiency, fractionが、環境ごとにどうなっているのか
    • 原始銀河団・そのハロでの星質量関数の進化 => mergerによる銀河成長を探る

1709.06572 : Topping+ "Understanding substructure in the SSA22 protocluster region using cosmological simulations"

  • z=3.09 protocluster のsimulationによる解釈
    • Small MultiDark? Planck simulation
    • redshift distribution : 二つのピーク有(z=3.065, 3.095)
  • overdensity と質量
    • 青:δ_b,gal=4.8 => M_b=0.76e15 h^-1 Msun
    • 赤:δ_r,gal=9.5 => M_r=2.15e15 h^-1 Msun
    • 全体:δ_t,gal=7.6 => M_t=3.19e15 h^-1 Msun
  • simulationで同様のz=3 clusterを探す
    • SSA22のダブルピークは合体ではなく、近接した二つのprotoclusterではないか
    • 1e15 h^-1 Msun と>1e14 h^-1 Msunの組み合わせ
    • このような組み合わせはレア。 8 h^3/Gpc^3に一個くらい。

1709.01136 : Nishizawa+ "First results on the cluster galaxy population from the Subaru Hyper Suprime-Cam survey. II. Faint end color-magnitude diagrams and radial profiles of red and blue galaxies at 0.1<z<1.1"

  • HSC S16A data release
    • 230deg^2
  • Cluster同定
    • CAMIRA
    • z=24等台まで:DESにくらべて1頭深い
    • z=1.1までcluster 同定
    • red sequence, blue cloud検出
  • 結果
    • red sequece
      • C-M diagramでfaint endまでほぼ線形
      • intrinsic scatterには等級依存性なし。z進化もなし
    • 赤い銀河は銀河団中心に向けて集中している。
      • 青い銀河に比べてr_sが小さい
      • hi-zになるにつれ中心集中が弱くなる
    • これら傾向は、セミアナシミュレーションの結果と一致する。

1708.00454 : Beifiori+ "The KMOS Cluster Survey (KCS) I: The fundamental plane and the formation ages of cluster galaxies at redshift 1.4<z<1.6"

  • KMOS cluster surveyのデータ
    • z=1.39-1.61 overdensity 3箇所
    • 19 massive(>4e10Msol) red-sequenceのfundamental plane
  • B-bandのゼロ点が赤方偏移進化
    • Coma : 0.443 => -0.1~-0.29
    • 1e11Msolの銀河でみると M/Lの進化は Δlog(M/L_B)=-0.46~-0.55
      • passive evolutionで説明できる。
      • SSPでフィットするとこれら銀河は2.33Gyr(z=1.39 : massive/virialized cluster) / 1.59Gyr(z=1.46 : massive/not virialized cluster) / 1.2Gyr(z=1.61 : protocluster)くらいになる。
      • これら重い銀河の形成時期は同じくらいか。

1706.05017 : Lee-Brown+ "The Ages of Passive Galaxies in a z=1.62 Protocluster"

  • z=1.62 protocluster IRC0218
    • 14 members
    • multiband imaging => quiescent galaxy
    • HST G102, G141 grism spectroscopy : Dn4000から年齢
  • 年齢と質量
    • M*>1e10.85Msolで f_quiescent=1 / fieldではf_quiescent=0.45
    • M*=1e10.2-10.85 Msolで f_quiescent=0.4 / fieldではf_quiescent=0.28
    • stellar ageとM*には相関はない => merger driven mass redistributino
  • f_quiescent進化がz=1=>1.6で見られる。
    • z=3高密度領域でred sequenceがみられることとconsistent

1706.01263 : Repp+ "Hubble SNAPshot observations of massive galaxy clusters"

  • Hubble SNAPshot survey
    • z=0.3-0.5 X-ray selected clusters : from MACS sample 特長
  • high lensing efficiency
  • bluest BCGを見つけた。X-ray peakにいる
    • 赤いBCGに比べて構造を持っている
    • L_X-optical richness 関係を確立できた

1706.01366 : Webb+ "Detection of a Substantial Molecular Gas Reservoir in a brightest cluster galaxy at z = 1.7"

  • z=1.7 cluster のBCGでCO(2-1)検出
    • LMT/RSRによる検出
    • FWHM=569km/s, 単一コンポーネント
    • HST-NIRでは複数のコンポーネントが見えているのだが。
    • Mgas=1e11Msol, fgas=0.4
    • SFR_IR=860Msol/yr => tdep=100Myr
  • このような大量のガスはどのように銀河団中心に集積したのか。
    • cooling flow, major merger, striping gasi?よくわからん

1705.02567 : Hayashi+ "Evolutionary phase of gas-rich galaxies in a galaxy cluster at z=1.46"

  • z=1.46 cluster ALMA-B3 obs : CO(2-1)
  • 銀河団中心ではCO(2-1)は受かっていない
  • ガスが多い銀河は、最近銀河団に入ってきた?
    • ram-pressure strippingが効いている?

1705.03062 : Noble+ "ALMA Observations of Gas-Rich Galaxies in z~1.6 Galaxy Clusters: Evidence for Higher Gas Fractions in High-Density Environments"

  • z=1.6 cluster(3つ) 銀河11天体でCO(2-1)検出
  • Mgas=0.5-2e11Msol
  • fgas~0.6
    • field scaling relationから大幅に外れている

1705.03479 : Stach+ "ALMA pin-points a strong over-density of U/LIRGs in the massive cluster XCS J2215 at z=1.46"

  • z=1.46 cluster coreの ALMA 1.2mm imaging
    • 14sources
    • 6obj : CO(2-1), CO(5-4) detection
  • Total > 1000Msol/yr within 500kpc
  • galaxy-galaxy interactionがトリガ?
  • CO54/21=0.37 : bright SMGと同じくらいのexcitation
    • 外側の冷たいガスははぎとられている?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-27 (火) 18:34:35