Top/メモ/astro-phメモ/Absorption Line Systems

1803.07563 : Kanekar+ "Massive, Absorption-selected Galaxies at Intermediate Redshifts"

  • ALMA-CO観測で同定されたhi-metallicity 吸収線系
    • z=0.5-0.8
  • 5/7天体でM_H2が大きい/fgasが大きい
    • M_mol=0.6-8.2e10Msun
    • f_mol=0.29-0.87
    • SFR=0.3-9.5Msun/yr => t_dep=3-120Gyr と大きい
    • z~2 SFGやlocalの銀河と違う
    • z~0.7くらいで銀河での星形成モードが変化している?

1803.05914 : Neeleman+ "Molecular Emission from a Galaxy Associated with a z~2.2 Damped Lyman-alpha Absorber"

  • z=2.2 DLA system
    • high metallicity : [M/H]=-0.27
  • ALMA CO(3-2)で検出
    • quasarから3.5"離れている : 30kpc
    • Mmol=1.4e11Msun
    • SINFONIのアーカイブにもHaで受かっていた
      • dusty SF / 110Msun/yr
  • HI 21cmでは吸収のupper limitのみ : Tspin>1895K
  • CIでも検出 : 冷たい中性ガスもある
    • ただし、冷たいコンポーネントはHI column densityには寄与していない

1710.00710 : Kanekar+ "The gas and stellar mass of low-redshift damped Lyman-α absorbers"

  • 6 DLA/subDLA @ z<0.1のフォローアップ
    • HST-COS
    • Arecibo
  • M_H1=0.24-5.2e9Msun : HI mass function の折れ曲がりよりちいさい
    => massive 銀河はlow-z DLAのdominant成分ではない
  • SDSSでのホスト同定
    • 4天体検出
    • M*=1e7-8.7Msun
    • Δ20=100-290km/s : 速度幅は結構広い
    • f_HI=5-100 : gas-rich, low-SFE

1706.03075 : Joshi+ "[O II] nebular emission from Mg II absorbers: Star formation associated with the absorbing gas"

  • 198 strong MGII 吸収線系
    • z=0.35-1.1
    • quasars in SDSS
  • [OII]輝線検出
    • L_OII : sub-L*銀河と同じくらい。
    • SFR=0.5-20Msol/yr
    • 検出率はW_2796, zが大きくなるほど高くなる
    • W_2796とL_OIIに相関は見られない
    • L_OIIとzの間には強い相関
  • stacked スペクトル
    • metallicity : logZ~8.3
    • ionization parameter : logq~7.5
    • M*=1e9.3Msol

1705.08925 : BOsman+ "A deep search for metals near redshift 7: the line-of-sight towards ULAS J1120+0641"

  • z=7.1 quasar ULASJ1120+0641
    • X-Shooter 30hr obs
  • 7 absorber @ z>5.5
    • CIV @ z=6.51
    • CIV absorberのnumber densityはz=5-7でえ変化せず
    • Weak Mg2 absorber (W_rest<0.3A)@z=5.9-7のかずは予想より多い。
      • z<2.5のトレンドと同じ
      • このようなシステムを作るメカニズムは既にz~7に存在sていた

1705.03476 : Lau+ "Quasars Probing Quasars IX. The Kinematics of the Circumgalactic Medium Surrounding z ~ 2 Quasars"

  • z~2 quasarホストを吸収線系で探る : 112 quasar pair
  • 輝線で決めた赤方偏移で、スタッキング
  • 吸収線CII, CIV, Mg2
    • >300km/sの幅 : outflowは必要なさそう

1705.10283 : Balashev+ "CO-dark molecular gas at high redshift: very large H2 content and high pressure in a low metallicity damped Lyman-alpha system"

  • z=2.786 DLA system, H2 rich
    • N_H2=21.21 : 高密度。13CO selected cloud in MWくらい
    • lowest metallicity : [Zn/H]=-1.52 : 以下のけっかと一致する
      • T=120K : 高い。
      • Av<0.1
      • COが受かっていない => XCO>2e23 cm^-2/(km/s K)
  • n~300/cm^3 => high thermal pressure 3-5e4 /cm^3 K

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-22 (木) 15:56:42