#author("2021-11-29T20:29:51+00:00","default:motohara","motohara")
#author("2021-11-29T20:40:33+00:00","default:motohara","motohara")
**最近の出来事など [#q9a1d3c1]
-(2021.11.29) [[2021年度東京大学統合報告書>https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/public-relations/IRIR.html]]に、我々の活動が[[掲載されました>https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400175829.pdf#page=27]]!
-(2021.09.13-15) [[日本天文学会2021年秋季年会>http://www.asj.or.jp/nenkai/archive/2021b/]]で、[[本原教授>https://www.asj.or.jp/nenkai/archive/2021b/pdf/V232a.pdf]]、[[高橋助教>https://www.asj.or.jp/nenkai/archive/2021b/pdf/V229a.pdf]]、大学院生の[[櫛引さん>https://www.asj.or.jp/nenkai/archive/2021b/pdf/V233a.pdf]]が研究発表を行いました。
-(2021.02.05) 大学院生の中村さんの[[修士論文発表会>http://www.astron.s.u-tokyo.ac.jp/tenmon/wp-content/uploads/2021/02/2-2020%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E4%BF%AE%E8%AB%96%E7%99%BA%E8%A1%A8%E4%BC%9A%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0.pdf]]が開催されました。要旨は[[こちら>http://www.astron.s.u-tokyo.ac.jp/tenmon/wp-content/uploads/2021/02/2020%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E4%BF%AE%E5%A3%AB%E8%AB%96%E6%96%87%E8%A6%81%E6%97%A8%E9%9B%86.pdf#page=22]]
-(2021.02.03) 大学院生の陳さんが[[Galaxy Evolution Workshop 2020>https://events.asiaa.sinica.edu.tw/workshop/20210202/]]で研究発表を行いました。要旨は[[こちら>https://events.asiaa.sinica.edu.tw/workshop/20210202/abstract.php?i=3cc998c53a0095da14763b37686205d8]]
-(2020.12.13-18) [[SPIE Astronomical Telescopes + Instrumentation>http://spie.org/conferences-and-exhibitions/astronomical-telescopes-and-instrumentation]]で、[[本原教授>https://www.spiedigitallibrary.org/conference-proceedings-of-spie/11447/114470N/ULTIMATE-Subaru--conceptual-design-of-WFI-a-near-infrared/10.1117/12.2560324.short]]、[[小西助教>https://www.spiedigitallibrary.org/conference-proceedings-of-spie/11447/114475H/The-University-of-Tokyo-Atacama-Observatory-65m-telescope--On/10.1117/12.2560422.short]]および大学院生の[[櫛引さん>https://www.spiedigitallibrary.org/conference-proceedings-of-spie/11451/114512Y/Fabrication-of-mirror-arrays-with-an-ultra-precision-cutting-technique/10.1117/12.2560431.short]]が研究発表を行いました。また、本原教授が[[Conference AS105 : Ground-based and Airborne Instrumentation for Astronomy IIX>https://spie.org/AS22/conferencedetails/astronomy-ground-based-instrumentation]]のCo-Chairを務めました。
-(2020.09.08-10) [[日本天文学会2020年秋季年会>http://www.asj.or.jp/nenkai/archive/2020b/]]で、大学院生の[[櫛引さん>https://www.asj.or.jp/nenkai/archive/2020b/pdf/X29a.pdf]]が研究発表を行いました。
-(2020.08.06) SWIMSがすばる望遠鏡のPI観測装置として[[S21AからS22Bまで共同利用に供される>https://www.naoj.org/Observing/Proposals/call.html]]ことになりました!興味のある方はぜひプロポーザルを!
-(2020.07.27) [[SWIMSコミュニティワークショップ>http://www.ioa.s.u-tokyo.ac.jp/TAO/swims/?Workshops/4th+Science+Workshop]]を開催しました。リモートにもかかわらず100人近くの参加者があり、成功裡に終了しました。
-[[...もっと前>past-topics]]
**概要 [#je50d413]
現代天文学は、未踏のパラメータ空間(観測波長、空間分解能、波長分解能など)を新たな観測機器開発することで切り開き、新たな発見を行うことによって進んできました。

我々の研究グループでは、主に波長1~2.5μmの近赤外線のための観測装置の開発を行い、近傍から遠方までの銀河を観測してその形成と進化の謎に迫ることを目標としています。

&ref(./_MG_5802.jpg,thumb,40.0%);&ref(./P1270285.JPG,thumb,32%);~
&ref(./IMG_1835.jpg,thumb,26.7%);&ref(./IMG_1801n.jpg,thumb,40.0%);


-[[researchmap情報>https://researchmap.jp/kentaro_motohara/]]
-[[昔(20年前に作成!)のweb>http://www.ioa.s.u-tokyo.ac.jp/~kmotohara/index-old.html]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS