Top/メモ/astro-phメモ/Radio Galaxy


***[[1708.02251 : Shen+ "The Properties of Radio Galaxies and the Effect of Environment in Large Scale Structures at z∼1">https://arxiv.org/pdf/1708.02251.pdf]] [#va9c23d1]
-大規模構造に属している電波銀河
--89天体、5大規模構造
--z=0.65-0.96
-観測
--VLA-B config (5" pfs)
--可視:Palomar 5m / r', i', z'
--Suprime-Cam RIZ
--WFCAM J, K
--WIRCam/CFHT J, Ks
--IRAC 3.6-8.0um+MIPS(?)
-3つのクラスに分類
--q_TIRを用いる
---q_TIR=log(L_TIR)-log(L_1.4GHz)+const
--AGN :L_1.4GHz>1e23.8
--Hybrid
--SFG
-AGNは最もmassive, quiescent
-SFGはAGNと同じくらいの星質量があるが、星形成でエネルギー供給
-Hybridは特殊なタイプの電波銀河のよう。AGN/SFGの混合ではない
--High-excitation RG
-環境効果
--AGNは高密度領域、cluster/groupのコアにいる
---母銀河の色や星質量が同じSFGに比べてもそう => AGN活動はvirialized core regionと関係がある
--SFGは中間密度領域を強く好む
---LSSのdusty starburstはgalaxy-galaxy mergerによるもの(?どゆこと?)

***[[1708.01904 : Brienza+ "Search and modelling of remnant radio galaxies in the LOFAR Lockman Hole field">https://arxiv.org/pdf/1708.01904.pdf]] [#wbbbc1dc]
-電波銀河はジェットが切れたらどうなるのか? : remnant phase, ほとんど知られていない
-Lockman hole でremnant RGをさがした
--LOFAR 150MHz + public surveys
--Ultra-steep spectral index
--high-spectral curvature
--low radio core prominence
--relaxed shape
--mockカタログと比較
-23天体を検出
--形態、スペクトルはいろいろ
--remnant phaseの進化段階の違いを表している?

***[[1710.06182 : Sebastian+ "Discovery of a new, 2.2 Mpc Giant Radio Galaxy at a redshift of 0.57">https://arxiv.org/abs/1710.06182]] [#w2bea6be]
-Lynx field 
--GMRT 150MHz観測で検出された最大の電波銀河
--コアが150MHzで発見
--VLA FIRSTサーベイでも検出
--z=0.57
--5.5arcminに広がっている => 2.2Mpc
-spectral ageing analsys
--610Mhz, 325MHz
--age < 20Myr
-コアはsteep spectral index 0.85
--compact steep spectrum source (CSS)であろう
--triple-double radio galaxy


***[[1709.00015 : Baldi+ "FR0CAT: a FIRST catalog of FR0 radio galaxies">https://arxiv.org/pdf/1709.00015.pdf]] [#b67ad3f3]
-FR0銀河
-FR0CAT
--108 Objects
--z<0.05
--radio size < 5kpc
--optical line ratio : low-excitation galaxies
--nuL_1.4GHz=1e38-40 erg/s
--NVSS, FIRST, SDSSから選出
--大部分がluminous red early-type galaies (Mr=-21~-23mag)
--M_BH=1e8-9Msun
---FR1電波銀河とよく似ている。
---1/1.6倍小さいが
-number density はFR1より5倍多い
--local universeの電波源の大部分を占める
-FR1との違の原因は?
--Age-sizeシナリオ
---FR0はそのうちにFR1に進化する
---FR0のほうが数密度が大きいことをよく説明できない
--recurrent radio activityで繰り返し活動があるとすればいい
--ジェットの性質が本質的に違う?
---FR0のローレンツファクターが小さい = BHスピンが小さい
--radio sourceの性質は広いレンジを持つが、母銀河の性質はだいたい同じ

***[[1708.00301 : Contigiani+ "Radio Galaxy Zoo: Cosmological Alignment of Radio Sources">https://arxiv.org/pdf/1708.00301.pdf]] [#b92f3044]
-FIRSTとTGSSの形態のalighment
--FIRST : 30059 extended sources / 7000deg^2
--TGSS : 11674 extended sources/ 17000^2
-2.5degより小さなスケールで、FIRSTサンプルにわずかにlocal alinghmentの兆候が見えた。
--19-38Mpcのスケールに相当



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS