Top/メモ/astro-phメモ/輝線比診断


**星形成率 [#i41d61a6]
***[[1709.00183 : Brown+ "Calibration of ultraviolet, mid-infrared and radio star formation rate indicators">https://arxiv.org/pdf/1709.00183.pdf]] [#ff40d701]
-UV, MIR, Radio Continuumと星形成率の相関
-近傍銀河66天体
--Balmer decrementでダスト補正したHa SFR
--SFRは5ケタのレンジ
--M_r=-24~-12mag
-以下のバンドですべて非常に良い相関を示す(0.2dex scatter)
--Wise W4 (22.8um)
--Spitzer 24um
--Radio 1.4GHz
-基本的にL*クラス銀河では過去の結果とconsistent
-ただし、dwarf銀河については過去の結果より大きめに出る。

**輝線比診断 [#i9a66fd6]
***[[1811.06015 : Cresci+ "The "Fundamental Metallicity Relation" in CALIFA, SDSS-IV MaNGA and high-z galaxies">https://arxiv.org/abs/1811.06015]] [#u5fdbc2b]
-FMRはいろんな形状が唱えられている
 => CALFA, MANGAのデータセット再解析したところ、当初の考え通りFMRは星質量を固定すると星形成率に依存する
-Hi-zではFMRがなくなるとしたデータを再解析
 => SDSSで決められたFMRに不定性の範囲内で一致することを確認した。

***[[1709.07717 : Rigopoulou+ "On the far-infrared metallicity diagnostics: applications to high-redshift galaxies">https://arxiv.org/pdf/1709.07717.pdf]] [#a170ce12]
-CLOUDY simulation
-[OIII]88um/[NII]122um 輝線比がgas phase metallicityとして使えるか
--ionization parameterに強く依存する
--electron density(n_e)にもつよう依存する
--[NII]205umがあればn_eに制限をつけられる
-近傍銀河でO3/N2をつかって出した金属量
--M*-Zrelationを再現した
--でも他の輝線比の推定とは比較していないのでは?
-z~3 HLSW-01のHerschel輝線比でもやってみた
--Zsunくらいになた。M*-Zrelationにものっている。

***[[1708.04625 : Sanders+ "Biases in metallicity measurements from global galaxy spectra: the effects of flux-weighting and diffuse ionized gas contamination">https://arxiv.org/pdf/1708.04625.pdf]] [#h51070fb]
-unbiased global gas-phase Oxygen abundanceは重要だが、ちゃんと求めるには適切な取り扱いが必要
-HII region + diffuse ionized gas (DIG)を入れたモデルを作った
--HII : empirical line-ratio vs Te関係
--DIG : MaNGAから出てきたstrong-line ratio
-Metalliciyが最大0.3dexずれる

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS