***[[1709.01136 : Nishizawa+ "First results on the cluster galaxy population from the Subaru Hyper Suprime-Cam survey. II. Faint end color-magnitude diagrams and radial profiles of red and blue galaxies at 0.1<z<1.1">https://arxiv.org/pdf/1709.01136.pdf]] [#w1fdad1b]
-HSC S16A data release
--230deg^2
-Cluster同定
--CAMIRA
--z=24等台まで:DESにくらべて1頭深い
--z=1.1までcluster 同定
--red sequence, blue cloud検出
-結果
--red sequece
---C-M diagramでfaint endまでほぼ線形
---intrinsic scatterには等級依存性なし。z進化もなし
--赤い銀河は銀河団中心に向けて集中している。
---青い銀河に比べてr_sが小さい
---hi-zになるにつれ中心集中が弱くなる
--これら傾向は、セミアナシミュレーションの結果と一致する。


***[[1708.00454 : Beifiori+ "The KMOS Cluster Survey (KCS) I: The fundamental plane and the formation ages of cluster galaxies at redshift  1.4<z<1.6">https://arxiv.org/pdf/1708.00454.pdf]] [#o29e3770]
-KMOS cluster surveyのデータ
--z=1.39-1.61 overdensity 3箇所
--19 massive(>4e10Msol) red-sequenceのfundamental plane
-B-bandのゼロ点が赤方偏移進化
--Coma : 0.443 => -0.1~-0.29
--1e11Msolの銀河でみると M/Lの進化は Δlog(M/L_B)=-0.46~-0.55
---passive evolutionで説明できる。
---SSPでフィットするとこれら銀河は2.33Gyr(z=1.39 : massive/virialized cluster) / 1.59Gyr(z=1.46 : massive/not virialized cluster) / 1.2Gyr(z=1.61 : protocluster)くらいになる。
---これら重い銀河の形成時期は同じくらいか。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS