TAO Project Website Top

東京大学アタカマ天文台 (TAO) 計画

SolarTAO Project Website Top

TAOプロジェクト展示・講演会のお知らせ

10月1日~27日、東京大学伊藤国際学術研究センターにて、TAOプロジェクトの展示・講演会を開催します。180インチ液晶パネルでの動画上映、miniTAO望遠鏡で撮られた美しい天体写真などの常設展示に加え、週に1回、南半球の星空を紹介する講演会とアタカマで観測中のTAOメンバーとのライブ中継、TAO天文台から見える星空をバーチャル体験できるイベントを行います。

poster

世界最高標高5640mの過酷な環境で最高の観測と宇宙の謎に挑むTAOプロジェクトの魅力を実感できるのはもちろん、遠いチリの星空を学術的にも視覚的にも体感できる内容になっています。みなさまぜひお立ち寄りください!

開催内容

場所

東京大学伊藤国際学術研究センター 地下1階ギャラリー2

常設展示

2012年10月1日(月)- 10月27日(土)10:00-17:00
(日曜・祝日休み、入場無料)

180インチ液晶パネルでの迫力のある動画上映の他、miniTAO望遠鏡で撮られた美しい天体写真やアタカマの環境、観測の雰囲気を実感できる各種展示物があります。会場はサロンスペースとなっており、TAOのパンフレットや関連書物、天体写真集などをじっくりご覧いただけます。

企画行事

日本からは見ることのできない南半球の天体について、毎週、天体を変えて連続講演を行います。講演の後、アタカマで観測中のTAOメンバーと会場とのライブ中継、世界最高標高のTAO天文台から見える最高の星空をバーチャル体験できるイベントも行います。

【オープニングイベント】 10月1日(月) 10:00-12:00
基調講演「TAO Project」
吉井 讓 (東京大学理学系研究科教授、TAO計画代表者)


TAO計画の概要について解説します。
ミニ講演南半球の星空探求① 「南十字星と石炭袋」
宮田 隆志 (東京大学大学院理学系研究科准教授)


TAO計画の進むチリでしか見えない南半球の星空を紹介する講演会の第一弾です。
ライブ中継「観測現場と話してみよう」

アタカマで観測中のTAOメンバーと会場をTV会議で結び、ライブ中継を行います。会場と地球の裏側にいる研究者とのやりとりを通して世界最高標高の天文台の様子を知ることができます。
体験イベント「チリを体感してみよう」(パノラマ画像体験会)

ヘッドマウントディスプレイをかけて、世界最高標高のTAO天文台から見える最高の星空をバーチャル体験できます。
【トワイライト講演会】 毎週水曜日 18:00-19:00
講演 10月10日(水)
南半球の星空探求② 「カリーナ星雲に見る星の生と死」
中村 友彦 (東京大学大学院理学系研究科研究員)
10月17日(水)
南半球の星空探求③ 「天の川の中心にある灯台探し」
松永 典之 (東京大学大学院理学系研究科助教)
10月24日(水)
南半球の星空探求④ 「南天の夜空に浮かぶ雲~マゼラン雲」
高橋 英則 (東京大学大学院理学系研究科研究員)
ライブ中継「観測現場と話してみよう」

アタカマで観測中のTAOメンバーと会場をTV会議で結び、ライブ中継を行います。会場と地球の裏側にいる研究者とのやりとりを通して世界最高標高の天文台の様子を知ることができます。
体験イベント「チリを体感してみよう」(パノラマ画像体験会)

ヘッドマウントディスプレイをかけて、世界最高標高のTAO天文台から見える最高の星空をバーチャル体験できます。
Copyright(c) 2012 東京大学大学院理学系研究科 TAO計画推進グループ
当サイトについて